アイキララの成分はどうしてクマをなくしてくれるのか

クマを根本から解決するアイキララにはどんな成分が入っているのか。どうしてクマをなくすことができるのか、調べてみました。

アイキララの成分

アイキララの成分は以下のように記載があります。

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルへキシル、 グリセリン、ペヘニルアルコール、トリエチルヘキサイノン、 ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、 ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、 パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド―1、 クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、 グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、 カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、 ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア酸、 エチルヘキシルグリセリン、プリル酸グリセリル

ビタミンC誘導体・MGAがすごい

アイキララにはビタミンC誘導体であるMGAという成分を配合しているのが最大の特徴です。

上記の成分の中にある【ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸】というのがそれです。

このMGAというのは、美白成分で有名なハイドロキノンに匹敵する強い美白作用を持っているといわれています。

少ない配合量でも効果が高く、角質層の奥まで浸透し、ビタミンC誘導体なので肌の明るさが回復するという特徴があります。

また、コラーゲンの生成にはビタミンCが必要なことはみなさんご存知かと思いますが、アイキララはビタミンC誘導体と植物由来のビタミン類も配合することで、コラーゲンの産生を促し、皮膚痩せしてしまった目の周りをふっくらとした肌に戻してくれます。

ビタミンKの効果で血行促進

また、ビタミンKを多く含んでいる、アンズ核油、カニナバラ果実油、アボカド油、ヒマワリ種子油などの植物由来の成分がたくさん含まれています。

ビタミンKは血行を良くしてくれる働きがあり、クマの解消にも効果があると言われています。 血行が良くなれば代謝もあがってくるので、目元にたまった老廃物や脂肪にも効果が期待できるんですね。 ちなみにビタミンKでクマの解消に期待するときは、サプリメントなどで摂取するよりも、直接皮膚に塗ったりするようが 効果的なのだそうですので、アイキララはとても理に適っていると言えますね。

どんなクマに効果的なのか?

このMGAの美白作用とコラーゲンの復活でハリを取り戻し、 ビタミンKの働きで血行促進をしていくことによって・・・ ・黒クマの原因となっていた目の下のくぼみが解消 ・茶クマの原因のひとつとなっていた皮膚の下が透けて見えることによる  くすみが解消、皮膚が擦れることによって起きていた色素沈着が解消 ・皮膚痩せが回復することで、血行不良による青クマができにくくなる ・皮膚のハリがもどるので目の下のたるみが解消 などの効果が期待できるようになるということです。

まとめ

アイキララに入っているMGAというビタミンC誘導体による 美白成分+コラーゲンの産生効果によって、皮膚のふっくら感やハリを取り戻すと クマやたるみが解消できる! 青クマ、茶クマ、黒クマ、どのタイプにも効果が期待できますよ。 アイキララの詳細はこちらから


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

アイキララ

ピックアップ記事

  1. アイキララ