アイキララは目の下のたるみにも効果あり?

アイキララは目の下のクマだけでなく、 たるみにも効果が期待できるアイクリームです。

1.目の下のたるみはなぜ起こるか

そもそも目の下のたるみは何が原因となって起こるのかというと、 目の周りの眼輪筋の衰えと目の周りの皮膚の衰えにあります。 眼輪筋とは、文字通り目の周りについているドーナツ状の筋肉です。 まぶたを開け閉めする大切な役割をしています。 また目の下(下まぶた)の皮膚は、人間の体にある皮膚の中で一番薄いと いわれています。 年齢が進むにつれて肌の中のコラーゲンやヒアルロン酸などが 失われていくことにより更に薄くなり、皮膚にハリがなくなっていきます。 加齢などによって衰えた眼輪筋と、弾力がなくなった皮膚では、 眼球のまわりのクッションの役割をしている「眼窩脂肪(がんかしぼう)」や 老廃物を抑えることができなくなり、脂肪が重力によって下へ垂れて 皮膚が前に出してしまうことで目の下のたるみとなってしまうと考えられています。

2.アイキララはなぜたるみに効果があるか

アイキララは皮膚やせに効果があるとされているアイクリームです。 MGAというビタミンC誘導体の成分がコラーゲンをサポートするので、 加齢により失われていたハリや弾力が戻ってきます。 更にコラーゲンの持っている、栄養素を肌内部にしっかりとどめる働きも 同時に活性化させることにより、肌が栄養分や潤いをキープすることが できるようになるため、ふっくらとしたハリを保ちます。 痩せて薄くなっていた皮膚がハリを取り戻すことで、脂肪や老廃物などを しっかりと支えることができるようになるわけです。 aikirara4

3.並行して眼輪筋エクササイズも!

アイキララでの皮膚痩せ対策にプラスして 眼輪筋を鍛えるためのトレーニングなども同時に行っていくことで 早くたるみを改善させることができるようになるでしょう。 <眉上げエクササイズ> 目の下の筋肉を鍛えるのが眉上げエクササイズです。 ①正面を向いて姿勢を正します。 ②ぎりぎりのところまで目を細めます。 ③目を細めたままで眉毛をできるだけ上げます。 ④そのまま10秒ほど、自然に呼吸しながらキープしたらもとに戻ります。。 <ピースエクササイズ> 目の周りの筋肉を鍛えるのがピースエクササイズです。 ①目頭に中指を、目じりに人差し指を優しく当ててピースをつくります。 ②指はあてたまま、できるだけ黒目を上手に上げます。(白目をむくような感じ) ③10秒ほどキープしたらもとに戻ります。 私も眼輪筋が弱っているのか、このエクササイズをちょっとやってみただけで 目の周りがものすごくピリピリとして疲れがきました。 いきなりたくさんやりすぎると疲れてしまいますので、 少しずつやることを習慣にしていくと良いと思います。

まとめ

目の下のたるみは、眼輪筋と皮膚の衰えが原因だった。 眼輪筋エクササイズと、アイキララで皮膚のハリを取り戻すことによって たるみの解消が期待できますよ。 アイキララの詳細はこちらから


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事

アイキララ

ピックアップ記事

  1. アイキララ